前へ
次へ

レンタル携帯で利用できるレンタル種類別の特徴

ガラケーやスマホなど携帯電話を所有している人はとても多くいますが、複数台所有したいと考えている人も多くいます。
ですが2台目の利用頻度が1台目よりも明らかに少ないことが分かっている人にとっては、あまり利用頻度が限られている2台目をあえて購入したうえで契約して利用するには費用面が高いなと感じる人も多いです。
そんな人達に人気のあるサービスとなっているのがレンタル携帯になります。
キャリアと契約して携帯本体を購入するのではなく、複数あるレンタル内容に合わせて必要最低限で利用できる2台目の携帯電話をレンタルする方法になります。
では実際にレンタル携帯を利用する場合ですが、レンタル携帯の1つとして携帯電話本体とSIMカード両方をレンタルする方法があります。
本体も含めてSIMもレンタルになるので、本体費用などもかからず費用を抑えて利用する事が可能です。
ただしSIMカード自体もレンタルになるので、電話番号自体は新しい番号を利用する事になります。
またレンタル携帯の契約者自体はレンタル会社になるので、キャリア決算の他にネットワーク暗証番号といったサービスを利用できないという点はしっかり把握しておくことがポイントになります。
レンタル携帯の2つ目のレンタル方法となるのがスマホのみレンタルする方法になります。
SIMカード自体は自分が今まで使用していた物を利用するので、電話番号などはそのまま今まで同じ番号を利用することができます。
1台目のスマホが故障してしまい、新しい本体を購入するまでの間をレンタル携帯でつなぐといった人などに人気があるレンタル方法です。
3つ目のレンタル携帯の種類になるのがスマホ自体は購入してSIMをレンタルする方法になります。
キャリアで購入するよりも携帯電話本体自体を安く抑えたい人にはおすすめなレンタル携帯の方法となっています。
このようにレンタルできる方法にも種類があるので、自分の都合に合わせたレンタル方法を選ぶようにします。

Page Top