前へ
次へ

現在のレンタル携帯サービスについて

携帯電話の貸し出しサービスの事を指します。
最初はプリペイド仕様であるガラゲーから発祥し、それから2016年頃にスマートフォンがそれに代わって中心的位置を占めるような流れになって、現在までに至ります。
こうした、20年近くもの歴史を持つレンタル携帯のサービスといったものですが、それでは一体どのようなものがあるのか今から見ていく事にします。
現在においては、かつての発祥であるガラゲー仕様のものはほとんど見かけたりする事が無くなり、大半がスマホ端末のものといった様子です。
この事を踏まえて、話を進めていきます。
そもそもレンタルサービス仕様の携帯ですので、一見すると誰もが、携帯電話本体を電話会社やその代理店とかが貸し出しをしたうえで、プランを組んでいくというような流れであると思いがちですが、実はこうした形式だけではありません。
スマホ本体や内部のキャリア・データ、OS仕様とかはそのままで、プラン内容を貸出事業者側が携帯電話会社と契約をしてその代わり、それ本体の所有者である利用者からレンタル料金の支払いを受けるのと引き換えに、サービスを提供していくといったものが、レンタル携帯の主流になっているのが一般的です。
中には確かに、ガラゲー時代のプリペイド仕様のプランを設定しているような貸出事業者なども存在してはいますが、ギガ仕様のものが現在のスマホの主流になっていますので、レンタル携帯ではそれほどプリペイド仕様はあまり多くはありません。
また、SIMカードのみをレンタルで貸し出して、その仕様でレンタル携帯のサービスをやっているところも存在しています。
貸出事業者としてはSIMだけを提供してプランを組むだけですので、事業者と利用者の双方ともに、お金の支払い面で大変得をするようなところがありそうした点で好評があります。
更にはレンタル携帯のサービスとして最初は契約をして、それから利用者側が買い取る事が可能なシステムやプランであるものも存在しています。
数は多くはありませんが、これも次第にレンタル携帯市場においては重要なものになっていくものと言われています。
以上が、現在のレンタル携帯サービスの概要になります。

Page Top